FC2ブログ

イディルシャイアの花壇を見てみよう



ffxiv_20180121_165917.jpg


こんばんは!本日は、LSメンバーさんとPT募集で出会ったお方と、イディルシャイアの花について調べていました。前々から、このイディルシャイアにある花がエオルゼアのどこかで見た気がしてたまらなかったのですが、パッチ前で時間もできてようやく調査に取り掛かることができました!まずは、イディルシャイアの花壇……スネイル広場です。

シャーレアンの国旗は巻貝をモチーフにしております。おそらく、この巻貝もシャーレアンの文化のだと思っていたのですが……巻貝ではなく「スネイル(かたつむり)」と名付けられているあたり、やはりここは新しくここに来たイディルシャイアの人たちの場所なのですね。このイディルシャイアは自由都市。人もゴブリンも、種族の垣根を超えて暮らしています。このイディルシャイアは、都市の発展に貢献するつもりなら住民の過去の経歴は考慮しないのですよね。ウルダハの金貸しに追いかけられているルガディンとその弟分のララフェルの話。かつてはウルダハで名を馳せた盗賊……。イディルシャイアの住民を守ろうと奮闘する姿を見ることができます。あと低地ドラヴァニアのイモムシの肉は、人間が食べると腹痛を起こすことも知ることができます。

さて、そんな自由都市イディルシャイア。ここには、やはり自由都市と言うだけあってエオルゼア各地の花が集まっているのではないかと思いました。


先ほど、イディルシャイアが晴れていたので、急いで撮影してきました!!まずは花壇に咲いている花の紹介から。



ffxiv_20180127_232851.jpg


まずはオオバコのような形の花です。よく拡大して見ると、ツリガネ状の花弁をしています。




ffxiv_20180127_232814.jpg


こちらは、眩しいほど赤いお花です。この丸い形状からして、ポピーでしょうか。




ffxiv_20180127_232756.jpg


こちらは、黄色の花です。百合のような形をしていますね。



ffxiv_20180127_232926.jpg


このピンクの花は、外周の花壇に植えられている花です。やや高い位置まで伸びるのでしょうか?また、一緒に白、ピンク、黄色の小さくて可愛いお花が植えられています。



ffxiv_20180127_232910.jpg


こちらはラベンダー!ラノシア生まれのお方は、きっと見覚えがあるはず!これは分かりやすいですよね。



さて、これらのお花がエオルゼアのどこかにあるはず!ということで、探索にいって参りました。これを確信したのは、たまたま討伐手帳埋めで訪れたモードゥナで、この花壇にある花を見つけたからなのです。ひとつずつ見ていきましょう!


ffxiv_20180123_222334.jpg


それがこちら!このオオバコのようなお花は、モードゥナの迷霧湿原のあたりで見つけることができました。タングル湿林のあたりでございます。たまたま西エリアにしか足を踏み入れていないので、もしかしたら東にもあったかもしれません。これはモードゥナの野草だったのですね!!モードゥナは、第7霊災の影響を大きく受けました。前にイチゴについて書いたような気がしますが……モードゥナ原産のロランベリーは、霊災によってかなりの数を減らしてしまったのです。(今でも、わずかにモードゥナに残っているらしい)このオオバコのような花は、そんなモードゥナに新しく芽生えたものなのか、それとも霊災を生き残った植物なのか……どちらなのでしょうか。

蒼天の園芸クエストに、種は国境を超えるというものがありました。クルザスで絶滅した植物を、過去にグリダニアが種を保管していたおかけで絶滅をまぬがれていた……というお話でしたっけ?若干違うような気がしてきました……が、最後に「未来のために」種を寄贈していました。モードゥナのイチゴは滅んではいませんが、今では高地ラノシアで元気に育っています。もし、モードゥナのイチゴが滅んでも、誰かに持ち込まれた高地ラノシアの同じイチゴは生き残るのでしょうね。ロマンですね……。



ffxiv_20180123_231457.jpg


余談なのですが、私はいつもPCでプレイしています。その昔、バハムートやってたときですね……後に判明したのですが、ベンチマーク2300くらいのスペックのノートPCで遊んでいて。それで真成2層の玉がPOPしない(POPしてるんだけど、姿が映らないからタゲれない)とか色々問題があって、限界まで画質を下げてプレイしていました。その名残で、ずっと「細かい草を表示しない」で遊んでいましたww PS4のフレンドさんの「ここに草がありますよ」とおっしゃるまで、すっかり忘れてですね……。それでONにしたら、ものすごく草がもさもさ生えました!今まで整地された大地しか見ていなかったので、とても新鮮でした。エオルゼアってこんなに植物と自然がたくさんだったのか……!




ffxiv_20180123_235406.jpg


東ザナラーンに同じものがあったような気がしたのですが、なかなか見つからず……それで、自由散策で、それぞれが各地を駆け回って探索しておりました。この黄色の百合のような花は、低地ラノシアの見つけてくださいました!!ゴッズグリップのあたりです。後に、東ラノシアのブラッドショア……低地ラノシアへの入り口の境界線あたりで同じ花を見つけました。低地ラノシアから運ばれてきたのでしょうか。全体的に低地ラノシアで分布する花かもしれません。



ffxiv_20180123_234611.jpg



外地ラノシアです。花壇にはありませんでしたが、このたびの調査でエオルゼアの花々は、地域によって咲いているものが違うことが判明しました。本当に……世界設定がしっかりしていますね。ため息が出てしまいます。




ffxiv_20180123_234313.jpg


こちらは、低地ドラヴァニア。いつも草が生えていない低地ドラヴァニアしか見ていなかったのですが、こんなに……こんなに野生の花が咲いていたのですね。いつもと違う光景にうっとりしました。黄色のポピーのような植物も自生しているようです。案外、オーケアニスシュニッツェルの付け合わせのブルーベリーも見つかるかもしれません。



ffxiv_20180123_230149.jpg


外周の花壇に植えられていたピンクの花は、マトーヤのお庭に植えられていました。マトーヤの花壇には、ハーブがたくさん植えられているそうです。ここで育てているハーブから、日に7度のお茶にするんですね。このマトーヤの花壇には、1か所だけイディルシャイアにもあった黄色の百合のようなものがありました。桃色と白の可愛い小さな花もたくさんあります。とても綺麗で落ちつける場所なので、のんびり低地ドラヴァニアの夜のBGMを聞きながら散策してみてください。



赤いポピー、どこかで見たことがあるとずっと思っていたのですが、未だフィールド上では見かけていません。ミストヴィレッジには生えていました!!!あとはリムサ・ロミンサに置いてある鉢植えで育てられていたりします。あとはワインポートの花壇の中でしょうか。まだ野生のポピーは見つけておりません。お見かけのお方はぜひ!教えてください!



FF14の世界は、本当に凝っているのです。ハスの花、ヒルガオ、タンポポ……目を凝らしてむれば、色々な植物を見つけることができます。魚類の分布も面白い。探索は楽しいですよ!ぜひぜひ、ハマってください!!紅蓮のエリアも、まだ草をONにして見ていないので、これからが楽しみです。あと、いつか来たるであろう(願望)シャーレアン本国の街並みを探索したい……。とっても楽しみですね。あとエウレカはバル島だと思います。もうパッチが楽しみで仕方ありません……!魔導デスクロ―につままれてるセヴェスターが見たいので!!とっても楽しみです。はやくパッチきてほしい!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ソッフィ

Yojimbo在住のメイン占星術師。シャーレアンが待ち遠しい。英検3級。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


キャラクター:Sophia Scarlet
Twitter:sophia14scarlet


●○●○