FC2ブログ

ウララちゃんはエオルゼアいち可愛い





すっかり土日更新になってしまいました!お仕事がない日でも、似たような時間に自然と目が覚めてしまいますね。おはようオールブライトです!さて、今日は朝から可愛いウララちゃんのお話です!何を書こうかなと、フォルダーを見ていたら、ウララちゃんのスクショが目にとまりました。ウララちゃん可愛いですよね!最初は媚媚びの子だな……!と思っていたのですが、夢に向かって一途に頑張るプロ意識の高い女の子でした。ごめんよ、ウララちゃん……!私が間違っていた……!!

と、いうことで今回の日記はウララちゃんスペシャルです!三歌姫は、しっかり3年分のスクショを保存してあるのですよね!3年前は、ひとりのアイドルをリーダーに推薦するのですが、納品する証書の数で6パターンあったのですよね。もちろん100周ほどして全部見ました!なつかしい……ビラというビラを配りまくりました。そんな彼女たちの頑張り、そして光の戦士の陰ながらのサポート……彼女たちの頑張りがウルダハ市民に認められはじめ、アイドルとしてサクセスストーリーを歩む彼女らを見て、目がしらが熱くなったことを思い出しました。

タイトルのスクショは、今年で初めてウララちゃんに会ったときのスクショです。サブキャラのレヴェヴァちゃんは今年が初めてのプリンセスデーでした!そしてこちらが3年目のスクショ……


ffxiv_20180301_211952.jpg


ウララちゃんの素の姿!ちょっと自信満々なところがとてつもなく可愛いですね。ウララちゃん、歌もダンスの練習も頑張ってきたもんな……。ウララちゃんの自信には、「アイドルとして頑張ろう!」って努力が裏付けされているのでしょうね。でも初見じゃないと、ウララちゃんの可愛いポーズが見れないのが残念すぎる!!これって新しいエモート……?既存のエモートにはないものでしたので、とてもビックリしたのですよね!


早速、そんなウララちゃんの出会いと成長を綴っていきましょう。見よ!この50000枚の記録用スクショの数々!そろそろ他に方法を考えないとPCが爆発しそうですw


ffxiv_20160226_170420.jpg


あっ……!3年前と同じセリフ……!!!開発のこだわりを感じる……!!一番最初の最初、発足したての三歌姫は、みんなセーラー服だったのですよ!光の戦士が広告ビラを配るたびに彼女たちの知名度がアップする仕組みになっていました。4年前は、ビラじゃなくて地図を開けてもらえる証書だったのでまったくイベントが進まず、いつかのメンテで一気に進行度が進められていたことを思い出しましたw 地図は周回向けではないのだ……!それで、知名度があがると①お洋服が更新される②彼女たちのおしゃべりの内容が変わる③彼女たち個人から聞けるプロフィールが更新される……という、私のコンプリート厨の心をくすぐられる仕組みになっておりました。そんなの!全部集めるに決まってるじゃないですか!収集癖がくすぐられる!

ちなみに、彼女たち三歌姫は、最初から仲良しであったわけじゃないんです。続きのスクショはこちら……。

ffxiv_20160226_170432.jpg


ナルミ「はじめまして、ナルミといいます。不器用ですが精一杯がんばりますので、よかったら応援してくださいね。」


ffxiv_20160226_170435.jpg


マシャ・マカラッカ「アタシはマシャ・マカラッカ……マシャって呼ばれてるわ。ウララみたいに人に媚びるのは苦手だけど、全力で踊って元気を届けるつもりだから、応援よろしく。」


ffxiv_20160226_170442.jpg


ウララ「ちょっと……何よ、その言い方は!?応援してくれる人を増やすには、人を魅了する努力をしないとダメなんだからっ!」


ffxiv_20160226_170447.jpg


マシャ・マカラッカ「どうやら、その努力は報われてないみたいだけど?今日の『霞餅』だって、ナルミの方がたくさん配っていたじゃない。」



こんな感じに喧嘩をしていました。初めて見たときは「やべぇ!ギスってる!」と思ったものですが、イベント終わりには仲良くなって……次の年のプリンセスデーでは、三人ともとっても仲良しになっていたので、心からほっと安心したのを覚えています。


それでは、ここからはスクショの残るかぎり、ウララちゃんたちのセリフをひたすら書きだしていきたいと思います。ブログを書き始めてから、そろそろ90分が立ちました。とても有意義な時間を過ごした……!早起きしてよかった!3文の得!


Q歌姫になったきっかけは?

ウララ「友だちから、執事王さんの噂を聞いたのよ。歌姫として活動する人を必死で探してる人が、サファイアアベニューにいたってね。」

「もちろん急いで向かったわ。だってほら、ウララって歌姫になる運命の星の下に、生まれてきたから当然でしょ?」

「結局、その時は執事王さんに会えなかったんだけど、来る日も来る日も、サファイアアベニューに出かけてやったわ。それで10日後にようやく見つけて、今にいたるってわけ♪」


(公演中に話しかける)

ウララ「お疲れさまっ!もしかして、ウララのことが気になって見に来たの?大丈夫、何も言わなくなってウララはお見通しなんだからっ♪」



ffxiv_20160301_024321.jpg



(リーダーに選ぶ※証書3枚)

ウララ「聞いたわ、ウララがリーダーに決まったんですって?と、と、当然でしょ、嬉しいだなんて思ってないわよ!ウララは、エオルゼアで一番の歌姫になる運命なんだからっ!」

「で、でも……今はありがとうって言っておくわ。キミがウララの夢を信じて投票してくれたって、知ってるから……。」

「これからはリーダーとして、もっともぉ~っとがんばって、『三歌姫』みんなで、エオルゼアに元気を送っていくんだからっ☆キミも、ウララたちの活躍に期待しててよね!」



(Q.好きなことは?)

ウララ「歌と踊りが好きなのは当然として、それ以外で言えば、やっぱり『読書』になるのかなぁ~。って、なによぉ~、私が本を読んでるのがそんなに意外なわけ?」

「最近、読んで面白かったのは、『異邦の詩人』が書いた魔法使いの物語かな……。呪術士ギルドの古書好きの友だちに、紹介してもらったのよね。」※多分ヤヤケちゃん

「あっ、念のため言っておくけど、ちゃんと家の外にだって出るんだからね?この間は、ナルミとマシャといっしょに買い物に出かけたしね♪」


(リーダーになった※証書20枚)

ウララ「聞いたわ、ウララがリーダーに決まったんですって?と、と、当然でしょ、嬉しいだなんて思ってないわよ!ウララは、エオルゼアで一番の歌姫になる運命なんだからっ!」

「で、でも……今はありがとうって言っておくわ。キミがウララの夢を信じて投票してくれて、逆転できたこと本当は知ってるから……。」

「応援してくれる人がなかなか増えない時は、正直辛かったわ。そんな時に、Sophia……キミが宣伝してくれる姿を見たら、なんだか元気が湧いてきたの。」

「手伝ってくれて、本当にありがとねっ!さあ、湿っぽいのはここまでよ♪ウララの魅力は、元気いっぱいなところなんだしっ☆」

「これからは、リーダーとして、もっともぉ~っとがんばって、『三歌姫』みんなで、エオルゼアに元気を送っていくんだからっ☆キミも、ウララたちの活躍に期待しててよね!」



ffxiv_20160229_171627.jpg



(講演の最中に話しかける※アストラルシルク装備)

ウララ「あれ、Sophiaじゃない!この新しい衣装、もう見てくれた?ますます、ウララのかわいさに研きがかかっちゃうわ~☆」


(Q.家族について)

ウララ「ウララの家は4人家族よ。お父さんとお母さん、それに弟がいるわ。意外って言われるけど、こう見えてもお姉さんなのよぉ~?」

「プレーンフォークのお父さんが仕事でウルダハを訪れていた時に、偶然お母さんに出会って、一目惚れして結婚したんですって!とっても素敵な話じゃない!?」

「小さい時から、お母さんの横でお手伝いをしてたから、掃除、洗濯、料理に裁縫……家事はひと通りできるわ。家族だって幸せにしちゃう力が、ウララにはあるんだからっ☆」

「そうだ、よかったら今度ウララのうちに遊びにくる?きっと家族み~んな、キミのことを気に入るはずよっ♪」


(公演中に話しかける※桃姫衣装)

ウララ「あ、Sophia!見てよ、この人だかり!こんなに多くの人を魅了してるなんて、ウララって本当に罪な子だわ~っ♪」


(Q.将来の夢は?)

ウララ「ウララの将来の夢?決まってるでしょ、エオルゼア中のみんなを……いえ、世界中のみんなをウララに夢中にさせることよっ♪」

「ちょっと……そんな目しなくたっていいじゃないっ!?でも、さっき言ったことは本当だけれど、ウララ、今の毎日に結構満足してるの。」

「昔から憧れていた歌姫として活動ができていて、しかも、自分ひとりだけじゃなくて、仲間がいて。このまま3人で活動していく……それが夢かもしれないわ。」


ffxiv_20160305_173608.jpg



ウララちゃん可愛い!これが初年度のウララちゃんでした。ウララちゃん、すごい努力家なんですよ。アイドルとしてのプロ意識がブチ抜いてるというか、ファンサービスもしっかりしていて可愛いのですよね。こうやって、一途に努力を続ける人は心から応援したくなります。だから、ウララちゃんたちがアイドルになったときは、まるで自分のことのように嬉しかったのです。私も、ウララちゃんみたいに頑張りたいな!

では、この記事の最後にウララちゃんの言葉の中でも、好きな言葉を載せておきます。


ffxiv_20160305_173349.jpg


ffxiv_20160305_173353.jpg


ナルミ「エオルゼアで一番!?さ、さすがウララさん……目標が凄いです。私たちがそんな風になれる日が、来るでしょうか?」

ウララ「来るでしょうか、じゃないの! なってみせるの!地道な努力の積み重ねが、成功の秘訣だって、どこかの誰かさんに教わったばかりじゃない!」





地道に占星術師クエストとセヴェスターの宣伝をしていましたが、じわじわ知ってくれる人が増えてきました。あとついに「セヴェスター」で検索すると私の日記が検索トップに来るようになりました。運命を切り開いてる感じがして嬉しい……!!もちろん、ウララちゃんが言うように、地道な努力はとても大切なのです。レヴェヴァちゃんもそう言ってる。継続は力なり、です。ということで、これからも、頑張れウララちゃん!私も、シャーレアンの布教とか、リアルのお仕事のこととか、諦めないで頑張るよ!ってことで、ウララちゃんから元気をもらうのでした!さすがウララちゃん!朝から元気になってしまった!





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ソッフィ

Yojimbo在住のメイン占星術師。シャーレアンが待ち遠しい。英検3級。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


キャラクター:Sophia Scarlet
Twitter:sophia14scarlet


●○●○