FC2ブログ

クレナイの欲しいもの2 (お得意様コンテンツ)




お得意様コンテンツ:クレナイは、今週からお着替えができるようになりました。どうやら、光の戦士用のお洋服は着せられない様子……!1レベルのおしゃれ装備をクレナイに着せることができます。バニー装備一式があったので着せてみましたが、クレナイはかわいい系の服が似合うお姫様でしたね。ということで、真っ白のスプリングシャツ、クリーム色のスカートをミラプリしました。春の癒し系って感じです。可愛い!


と、いうことで前回の続きです。今回は、冷え切った海の底で寒さをしのぐ防寒品を納品します。海底は寒いのですね。そして、なかなか堂々と火を起こして身体を暖めることができない……。油も限られているでしょうし……これもスイの里の民には、必需品です。



【クルザス防寒品】

「とてもフワフワで……柔らかな手触りですね。これほど暖かそうな防寒品は、初めて手にしました。もう夜の寒苦を恐れずにすむのですね……!」


【保温性素材】

「なるほど、この液体を塗布することで防寒性を高めるのですね!外の世界には、これほど有用な資源が眠っているなんて……。里の民も、さぞや興味を惹かれることでしょう。」


【ヒートプレコ】

「『ヒートプレコ』の鱗を用いて防寒着を……。クルザスには、ドラゴンの鱗で仕立てた防寒着もあるそうですね。「外」の方々の智慧と発想には驚かされるばかりです!」


以上が、寒冷なクルザスの智慧を活かした収集品でした。ドラゴンの鱗って、革装備や鎧に使っていた気がします!お魚の鱗ということは、やや軽めなものになるのでしょうか?ヒートプレコは寒いところで生きているため、その鱗は防寒性に優れたものでしょう。ドラゴン族も、強靭な鱗で寒さをものともしていませんし、クルザスで生きる生き物はとてもたくましいと思います。

さて、老人や病人のために、防寒着を用意したクレナイ。しかし、宮司であるジッカンが彼女の正体に気がついてしまいます。しかし、イソベのくだりから分かるように(イソベをアンコウと呼び続ける)、クレナイは頑固……いえ、芯の強い女性です。スイの里のために、外の世界が必要であることを解きます。

ですが、このまま水泡の外に飛び出すのでは、外の人に「いいように」利用されてしまうかもしれません。そこで、対等に渡り合えるように、スイの里の特産品を作ることにしたのでした。それが、外の世界に呑み込まれてしまうことを憂うジッカンと交わした約束です。ジッカンも、クレナイも、どちらもスイの里を心配しています。ジッカンは外の世界に里が呑まれてしまわぬように、クレナイは外の世界に頼らぬまま、民が水泡の中で苦しむことに……。保守派と革新派を見ているようです。個人的には、スイの里の民がこの先も生きるのなら、やはり水泡から飛び出さねばならないと思います。薬がなくて病人が出たりしていますし……。水泡の外を知ることを選んだクレナイの選択は正しかったと思います。冒険者の持ちこんだ薬によって、命が救われた民もいたのですから。

ところで、クレナイの最後のクエストで、スイの里の民が自分たちから特産品を作り出そうと動き出すのですが、そのときに紅蓮の解放者のメインテーマが流れるのですよね。ソルトリーも、復興するドマも……。何かに縛られていた人たちが、その鎖から解き放たれて、自分たちで明日を生きるために新しく行動をする……そんなものを感じました。帝国の支配から解放されたソルトリーの民が塩産業を再開して交易を始めたように、圧政されていたドマの民が自国の産業を復活させて国を復興したり……。なんて例えたらいいのでしょう、なんというか……明日を生きる希望に満ち溢れている。そんな気がします。スイの里のアウラたちも、自らを縛ってきた保守的な考えを変えて、海底から外の世界に飛び出していくのでしょう。スイの里の未来は、きっと明るい。


さて、そんなスイの里の特産品は3種類。海でしか採取できない真珠など、宝飾品が多い印象でした。


【スイ特産品】

「私たちも、紅玉海のすべてを知っているわけではありませんが……この海の資源から、ここまで見事なものを生み出せるなんて!あなた様には、何度驚かされることでしょう!」


【紫水結晶】

「装飾の類には、あまり興味がないのですが……この海に、これほど光り輝く宝石が眠っていたなんて。ため息が出そうな美しさです……!」


【白銀貝】

「まあ、立派な『白銀貝』……。さぞや、大粒の真珠が採れることでしょう。里の特産品として、きっと好評を博すと思います!」



(おまけ)

特産品の場合、コメントが変わっていました!(こまかい!)

「それでは、納品していただいた品を拝見させていただきます。……素敵です、これほどの品なら、新たな特産品として、きっと世界にその逸名を轟かせることでしょう!」


外の世界を知ったクレナイは、もっと外のものを見たいと願います。そんな彼女は雲海に興味があるのだとか!これ以降はランダムなので、また雲海の3品が揃ったときに、クレナイの欲しいもの3を更新したいと思います。

外の世界へと一歩進みだした海底のアウラ・スイの民たち。彼らの生活は、冒険者と……そして民のために立ちあがった「ヒスイ」のもたらした品々で、きっと良くなることでしょう。交易に関しては、ロウェナ商会のササナがいるから大丈夫。いずれ、彼女たちの特産品がクガネの商店に並ぶのを見てみたいですね!




FF14ランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ソッフィ

Yojimbo在住のメイン占星術師。シャーレアンが待ち遠しい。英検3級。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


キャラクター:Sophia Scarlet
Twitter:sophia14scarlet


●○●○