ニンキ・ナンカ!

ffxiv_20170317_200852.jpg


ナンカちゃんについて書いていきます!初登場は、ハルブレイカー・アイルの洞窟の中。この親のナンカから生まれるのが、ニンキナンカです。不思議な両生類のモンスター、背中にある青いぷよぷよは、卵なんです。どうやら、親ナンカが背中に卵を背負っているようです。そして、「孵化」って技を使うと……ニンキナンカが誕生します。ちなみに、卵が孵化したあとの背中もなかなかエッグい!(エッグだけに)


ffxiv_20170317_200949.jpg


ところで、親ナンカの背中の卵の数を数えたことはありますか?なんと、その数20個!ちなみに、孵化すると20個のうち4匹、5匹しか孵らないんですよね。残りの卵はどこにいったんでしょう……?

そんなニンキナンカちゃん、冒険者が拾うミニオンは「タイニーナンカ」なんです。タイニーは小さいって意味ですね!親の背中でうたたねをしていたところ、ぽろりと落ちてしまったようです。孵化して時間がたってたから、タイニーなのかな?

さて、そんなタイニーナンカの和訳!久しぶりですね!


【Naughty Nanka】

Instead of laying her egg in a pond or river where they might be devoured by predators, the ninki nanka female deposits her offspring upon the back of the father, who then carries and protects the brood until it is ready to face the world on its own, unless,however, one falls off.

(捕食者に食べられるであろう池や川に卵を置いておく代わりに、ニンキ・ナンカのメスは、オスの背中に子どもを預ける。オスは、子どもたちが自分自身で外の世界に出る準備ができるまで、運んだり守ったりする。しかし、一匹(何匹か?)は落ちる。)

と、いうことでした!!!!なんと、背中に子どもを背負っているのはオスだとか!!タツノオトシゴみたい!!これは、日本語版のミニオン説明にはなかった情報です!!オスなんですね、メスはどこにいったのでしょう?

サハギン族も、ちょっと似ていて、卵は深海にいる女王が産んで、強いオスがたくさん卵をもらえるそうですよ。ニンキナンカは、またちょっと違うのかな?タツノオトシゴのオスのように、すでに出来上がった卵を育てる感じでしょうか?

個人的には、ナンカちゃん大好きなんですけどね!あの、ぷにぷにした手足がたまらないですね。フレンドはヌメヌメしてそうって言うのですが、私はほどよい弾力歯ごたえがあるような気がします。粘液なんて技は使いませんし……ヌメっとしていないといいなあ……。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ソッフィ

Yojimbo在住のメイン占星術師。シャーレアンが待ち遠しい。英検3級。


Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


キャラクター:Sophia Scarlet
Twitter:sophia14scarlet


●○●○