記事一覧

廃都から2




低地ドラヴァニアの廃都から学ぶシャーレアン第2段!!!ちょっと前にPT募集で開催したものをまとめます!来てくださったお方、どうもありがとうございました!なんと3時間にわたって話していました……!!さてさて、さっそくまとめていきましょう!


【歴史・建物】

世界設定の本を読んで知ったのですが、シャーレアンの歴史はイシュガルドよりも古かったのです!えー!!すごい!と、いうことでシャーレアンの歴史のおこりを簡単にまとめると、大6霊災……マハとアムダプールによる「魔大戦」により、自然エーテルが枯れたことによる大洪水……水の災害ですね。これにより、エオルゼアの大地は洪水に見舞われてしまいます。そのとき、北洋のルガディン族……のちのシャーレアンになる集落を築いた開祖「ニュンクレフ」は、占星術で洪水を予期し、エオルゼアの人を救おうと巨大な木造船を作り助けにきます。(ノアの箱舟みたいですよね!)そして救いあげた人々を、移動させるために「エンシェントテレポ」を使うのです。エンシェントテレポは地脈のエーテルに己を乗せるもので、どこにたどり着くかは不明なんです。ヤシュトラが使ったアレですね。そのため、後に禁術になってしまうようです……。そして、ニュンクレフたちを乗せた船は、アバラシア山中に漂着します。そうそう、ニュンクレフはエオルゼアの危機を救った12賢者の1人なんです。エッグハントイベントのジリアリアポーちゃんがいっている「賢者さま」は、この12賢者のこと。大7霊災は分かりませんが、大6霊災のときには存在していたんですね。

漂着した山には、他から避難してきた人がたくさんいました。そして、限られた資源をめぐって争いが起こってしまいました。救った命が野蛮な争いによって消えていくのを見てニュンクレフは嘆き悲しみます。このことが、のちのシャーレアンの徹底した平和主義の根幹になっているのかもしれません。そして、荒れ狂う大海に飛び出し、ニュンクレフたちは北洋を目指したのでした……。そして、北洋に戻ったニュンクレフは「知識によって人を成長させよう」と集落を築きます。このモットーは、アルフィノのお父さんのフルシュノが大事にしている信念でしょうか。そして、争いで物事を決めるのではなく多数決による民主主義を採用します。直接民主制ですね。

このあたりを学ぶと、本当にギリシャに似通っているな……と思います。ギリシャは、他の国よりも哲学、政治、などが発展していました。主にアテネだったような気がしますが……とにかく、ギリシャはそういった思想、信条などを大切にしていました。あと建築技術がすごい。実際にギリシャでもあったことですが、広場(アゴラ)に集まり政治の方針を決めていたりしたそうです。陶片追放(オストラシズム)とか、選挙方法は色々試行錯誤していたようですが、それは別として……。う~~~ん、世界史専攻しててよかった!

シャーレアンでも、広場に集まり、多数決で政策を決めていたようです。ヨーロッパでも、やっている国がまだあったような?途中から人口増加に伴い、民衆が直接参加する(手をあげたりして)直接民主制から、民衆の中から代表者を選び、代わりに出てもらう間接民主制が主になりました。

そうです。これが哲学者議会の始まりです。

それから、シャーレアン人たちは知識を収集するために、エオルゼアへ訪れます。それからエーテライトの技術を伝えたりして交易をしていたようですね。エーテライトは、シャーレアンの専売特許なのです!それから星の海を観測するために、低地ドラヴァニアに逆さの塔が建設されます。学士たちの宿泊施設とかがあったようですね!観測のために訪れたたくさんのシャーレアンの学士、そしてその学士の持っている知識を知りたいとエオルゼアの人が集うようになります。こうして集落は発展していき、北洋の本国は低地ドラヴァニアの集落を「植民都市」(New World)とすることを決定します。それから、どんどん入植していった……という感じでしょうか。ヨーロッパの人が、ヴァージニアに進出したことを思い起こさせますね。

さて、そんな哲学者議会の場所……発見しました!!!設定本の本紙、170頁に建物の写真がありました。タイトルの写真が哲学者議会の場所です!!この外観!お庭!間違いない!それが、こちらーーーっ!


ffxiv_20170405_002800.jpg


ffxiv_20170405_203739.jpg


哲人街にありました。哲人街は、いわゆる高級住宅街。哲学者議会に席を持つ議員や、グブラ幻想図書館の司書など、有力者の住宅や主要施設があった場所でしょうか。哲学者議会は、成人した99名の議員で成り立っています。アルフィノのお父さんのフルシュノも、ここにいたということでしょうか。ロマンですねえ……。


次に見ていくのは、工匠街。主に、ここではエーテライトの建造が行われていました。


ffxiv_20170501_205309.jpg

ポコン!と穴があいているところが工場ですね。そうそう、そこは青い手のゴブリンが占拠しているのですが、個人的な見立てではあの穴を開けたのはゴブリンではないと思っています。だって、壁に穴を開けて侵入していますからねwwww


ffxiv_20170417_221845.jpg


中央の様子はこんな感じ。ここで気がついたのですが、これ2段構成になっているんですね。真下の巻貝の模様、一部が金網になっています。もしかしたら、排水機能だったのかも?低地ドラヴァニアは、水に恵まれていますから。


ffxiv_20170417_222210.jpg


そのまま、ふわーっと上にあがると座れる場所を見つけました。不思議なのが、どこにも梯子がないんですよね。なんのための足場なんでしょう……?作業を見渡せるように作ってあるのかな?梯子なんかじゃなくて、司書が作り出した魔法のイスのように、フライングマウントを使用したのかもしれません!


ffxiv_20170501_205306.jpg


ここはシャーレアン選者街。プールがあるから、有力者がここにいるのかなーなんて思っていましたが、選者とは「ギャザラー」のこと。ギャザラーが集めてきたものを、ここで選別をしていたようです。市場見たいなものかな?もしかして、このプールって野菜を洗うところだったり…………?なんて、話をしていましたwプイールサイドに壺があったのですが、水がめなのでしょうか?サリャクの水瓶ってカードもあるし!それとも、もっと多様に野菜を詰め込んだりしていたのでしょうか?ギリシャモチーフだから、壺がいっぱいあるのかな?不思議です!


ffxiv_20170501_205259.jpg


ffxiv_20170501_205302.jpg


ここは、シャーレアン学士街。聖モシャーヌ植物園や、シャーレアン大学などの教育機関が集まっていたようです。(シャーレアン大学については、別の記事で証明していますっ!そちらもどうぞ!)もちろん、本国にも大学はあるでしょうから、こちらの低地ドラヴァニアは留学生がたくさんいた……いわゆる、別のキャンパスのようなものなのだと思います。

下の画像の、左下のあたり……これは展望台だそうです。ルフィンとジャンヌキナルがよく、その展望台で星を見上げていたようですね。そして、シャーレアン大学には魔法学・考古学・占星学があるそうです。と、いうことは……この大きい建物は大学で、その中で学部ごとで建物が分けられていたのかも!!そうすれば、近くにあるのは学生の寮でしょうか?うーむ、想像がはかどる……。

聖モシャーヌとは、薬学において知識と功績を残した賢者です。シャーレアンでは、ある特定のものに関して功績をあげたものを「賢人」と認定する制度があるようです。ヤシュトラはエーテル学、サンクレッドは諜報だったかな?サンクレッドさんもっと仕事して

モシャーヌ植物園を探索して思ったのですが、学士街にいるモンスターのほとんどが、このモシャーヌ植物園の中で見ることができます。その……脱走したんでしょうね……モルボル、コリブリ、乾燥帯エリアのアリにハチ、クロウラー……。クロウラーは、FF11のロラン高原?というところに出てきたそうです。ロランベリーが大好物なのだとか。14にもロランベリーありますよねー!温暖な地域にしかないと思っていたのですが、普通にクロウラーは元気にしていますよね。ふむ……

【気候】

低地ドラヴァニアは、比較的温暖な地域だと思っています。青々とした植物、温暖なロランベリーを食べるクロウラーがいることから、温暖な地域だと思っていました……が!一緒に探索をしていたフレンドさんから、貴重なお話が!雨が多く、霧が多い……涼しそうなイメージがある。

……なるほど!!!

ちょっと地質学をかじったときに、建材として大理石は適切であるかどうかを聞いたことがあります。大理石は雨に弱いんですよね……。ギリシャの建物は大理石。むむむ……雨に弱いのだから、15年で建物がぼろぼろになりやすい、と考えることもできます。そうすると……・

昔は温暖だったが、大7霊災の影響で気候が変わってしまったのではないか?雨が降りやすくなってしまったのでは?

こう考えました!!うむむむ、本当に考えられることがたくさんありますね!では、きりがいいのでここまでにします!!また、近いうちにPT募集で集ったりしますので、見かけたらぜひ!!!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソッフィ

Author:ソッフィ
Yojimbo在住のメイン占星術師。シャーレアンが待ち遠しい。英検3級ニキ。

Twitter:sophi_gorge

キャラクター:Sophia Scarlet