FC2ブログ

移動図書館延期のお知らせ





こんばんは!今さっき、プレイヤーズミーティングにいってきました!アピールを見てくださって、訪れてくださったお方!いらっしゃいませ!ぜひぜひ、見てってください!

プレイヤーズミーティングの感想は、また時間のあるときに記録に残しましょう。書きたいことがたくさんあるんだ……。


そして、クイズ大会の告知をして参りました。いつもはクイズをマクロで組んでいるのですが……もう残りが30個くらいしかないんですよね。クイズをするのは、マクロを減らさねばなりません……。そこで、図書館ツアー用のマクロを、消すのはもったいないから……ここに記しておくことにします!!設定は、私がいつも使っているセヴェスターですね。彼が図書館の案内をしてくれる、というものでした。(立場と性格的に案内してくれなさそうだけど、そこはIFとして!)


【導入】

おや、貴方もシャーレアンの文化に興味があるのですか?

「知識は人を求めず」……シャーレアンのモットーに従い、知識を求め、学ぶ姿勢のある者には応えましょう。

我々がこれから向かうのは、グブラ幻想図書館……。

かつて、私たちシャーレアン人が15年前の「大撤収」まで利用していた施設です。

グブラ幻想図書館には、エオルゼア全土から集められた書物があります。

……ええ、そうです。これから、その図書館に異変がないか調査をしに行くのですよ。


【大撤収について】

「大撤収について知りたい」……?分かりました。簡単にご説明しましょう。

今から20年前……アラミゴが帝国の侵略を受け、制圧されたことは知っていますよね?

「戦争は野蛮人のすること」と考える我らシャーレアンの民にとっては、それは脅威になりました。

シャーレアンの意思決定機関「哲学者議会」は、和平交渉の特使を帝国に派遣しました。

しかし、交渉は失敗……。シャーレアンは、低地ドラヴァニアの植民都市を放棄する選択をしたのです。

そして……準備に5年の歳月を経て、1夜にして国民が本国に帰国する「大撤収」が行われたのです。

ええ。今現在、この低地ドラヴァニアにシャーレアン人がいないのは、それが理由です。


【ビブリオタフ】

どうやら、予想以上に妖異がいるようですね……。書物の管理と防衛は「ビブリオタフ」がしているはずですが。

ビブリオタフとは、その体に妖異を封じ込めている妖異……それを図書館の番人にする契約をしているのです。

何ですって?マトーヤの論文を取りにいったときに、倒した……?

そうですか……。なるほど。貴方達が……。


【インクホーン】

これはこれは……随分と、インクの染みで汚れてしまっていますね。

この「インクホーン」は、スカネテを作りだす際に、エーテルの余波によって生まれたインク瓶です。

この図書館の守護者として使われていたはずですが、そう上手くいきませんね。


【トーム】

これは……「トーム」ですか。魔法によって、知恵を与えられた本です。

ある年若い司書が「自動的に棚に戻るように」作り上げたそうですが、失敗に終わったそうです。

今では、番人のようなものとして扱われているようですね。


【グブラ幻想図書館(1ボスまで)】

グブラ幻想図書館は、この区域までは一般の学生も入ることができました。

ここから先は、研究者の施設になっています。

シャーレアンの魔法大学では、様々なことが研究されていました。

そうですね、貴方たち冒険者に馴染み深いのは……

占星学、考古学といったところでしょうか?


【人魚像】

ここは……。

少し、ここで休憩しましょうか。少し、部屋を見て回りましょう。

この部屋に、人魚の像があるのは分かりますか?

エオルゼアにも、同じ像があるんですよ。

場所がどこにあるか、知っていますか?

「エールポート」に、同じ像があります。ここの調査が終わったら、見に行くといいでしょう。

この像は、海神リムレーンを模したと言われています。そう、リムサ・ロミンサの守護神です。

では、壁にかかっている星図も見てみましょうか。


【星図】

この星図は、北天、南天、東天、西天の星を描いたものです。

シャーレアン本国では、星と己のエーテルを結び付ける占星術が発展しました。

エオルゼアでは、星を読んでドラゴン族の動向を知ることにしか、使われていないようですね。

エオルゼアの占星術は、我らシャーレアン本国のものと、まったく違ったもの……。

尊い知識は、それを扱う者のみに開かれるべきです。

本国の占星術を教えることはしませんが……。

エオルゼアの占星術なら、イシュガルドで学ぶことができるそうですよ。


【3階へ】

このグブラ幻想図書館の蔵書は、特別価値のあるものは本国に持ち帰られています。

しかし、持ち帰れないような禁書の類は……地下室に封印されています。

……閲覧権限は、シャーレアンで認定された「賢人」などに限られていますよ。

今回は、地下ではなく上階に行きましょうか。


【オートマトン】

これは……「オートマトン」ですか。

知っての通り、平和主義のシャーレアンは戦争を是としません。

しかし、それではもしものことがあるため……

人の代わりに戦う魔法人形が作られたのです。

では、じっくり観察してみましょうか。それぞれ違った型があるはずです。


【ポロッゴ】

言葉を話すカエルを不思議に思いますか?あれはシャーレアンの秘術により、知恵を与えられたカエルです。

知恵なきものに知識を与え、使い魔となす。これこそが、シャーレアンの魔法です。

しかし、残念ですが大撤収の際に置き去りにされたものが野生化しているようですね。

そう、クイックスピル・デルタのあたりに、もの言わぬ魔法カエルがいたでしょう。

あれは、主を失い知性を失った「元使い魔」です。

……製法が気になりますか?悪用しないと誓うのであれば、少しだけ教えてさしあげましょう。

古式のエンチャントインク、そして特殊な魔紋……そして、与える知識。

私から言えるのは、ここまでです。なにせ、門外不出の秘術ですから。


【蔵書を見つけた】

おや、こんなところに蔵書が……。せっかくです。読んでいきましょうか。

読み終わったら、声をかけてくださいね。




以上です!これが、幻想図書館ツアーの内約でした。これを、それぞれの場所とシーンに合わせて流すのです。とても、満足度が高いようで!なにより……!Gaiaでしかキャラクターを育てていないので、他のグループ鯖のお方には見せられないのが少し残念でしたが、内約の公開でちょっとでも楽しんでもらえたら嬉しいです!

さて、あとはフロントラインマクロを消せば、60個は余りができるかな……!!


それでは、また後日にお会いしましょう!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ソッフィ

Yojimbo在住のメイン占星術師。シャーレアンが待ち遠しい。英検3級。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


キャラクター:Sophia Scarlet
Twitter:sophia14scarlet


●○●○